血糖値が正常化しても、少なくとも5年間は油断できない






油断は禁物です

糖尿病と診断されてすぐに運動や食事療法を始めたおかげで、すみやかに血糖値が正常化した、だからもう大丈夫!と思うかもしれません。

でも、糖尿病とはっきり診断されるよりもかなり前から、動脈硬化は少しづつ進行していると言われています。血糖値が正常値になったからと言って油断していると、大変なことが起こってしまうかもしれません。


メガネの若い先生.jpg


血糖コントロールを良好に保っていても、知らないうちに進行した合併症がすぐに治るわけではありません。

軽度の合併症なら治ることもありますが、それでも時間がかかります。
早いもので数か月、種類によっては何年もかかるそうです。

だからこそ、数年間は油断しないことが大事だと思います。


ガンが大きくなるまで時間がかかる

筆者も糖質制限食を始めてからまだ数年なので、油断してはいけないと思っています。

糖尿病患者はガンにもかかりやすいですが、ガンの元になる細胞が発生してから大きくなるまでは何年もかかります


特に血糖コントロールが良くない方や、インスリン注射をしている方、インスリンを多く必要とする食事をしている方にガンが多いそうです。

どのぐらいの時間が経てば逃げ切れるかわかりませんが、当分気を付けて行かないといけないと思ってます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村