糖尿病患者のフットケア







糖尿病からの足病変…

糖尿病で血糖コントロールが悪い状態が長く続くと、神経障害や動脈硬化などの糖尿病合併症が起こります。
動脈硬化が進行すると、足の血流が悪くなりがちです。
高血糖だと抵抗力が落ちるために細菌に感染しやすくなります。


foot1.jpg


(図は松山市民病院様のサイトからお借りしました)


神経障害が進行してしまうと、足の裏の痛みなどに気が付きにくく(足の裏に画びょうが刺さったまま、気付かずに歩き回っていた人もいます)壊疽(えそ)などの糖尿病足病変に進行してしまうことがあります。
最悪の場合は、脚を切断することになってしまいます。

筆者は糖尿病が悪化して入院しているとき、医師から「ついこの前もウチの病院で足の指を切断した人がいて…」と言われ、震え上がったものです。
当ブログに画像は貼りませんが「糖尿病 足病変」というキーワードで画像検索してみてください。恐ろしくなりますよ…



日々の観察とケアが大事

足を守るためには、血糖値をきちんとコントロールすることと、日々のフットケアが大事です。
ケガに気をつけたり、毎日足の裏をよく観察して必要なケアをすることで糖尿病足病変を予防することができます。

今のところ、筆者は足病変は特にありません。
数年前は、足の指先がしびれており、CVR-Rという検査でもはっきりと糖尿病神経障害を指摘されていました。


糖尿病患者の足は、いろいろな要因で足病変になりやすく、またその病変に気づきにくいことがあるのが問題なのですね。

足に病変が出来ても、悪化する前に早く気が付いて病院に行けばいいです。
気付いたときにはもう手遅れ…なんていうことにならないように、よく足を観察しましょう。







足の清潔・靴擦れ・深爪などにも気をつけましょう。
神経障害があると、熱さを感じないまま低温やけどをすることがあるので冬の暖房器具などの使用には気を付けてください。



フットケア外来へ

タコやウオノメを自分で削ったりするのは危険なので、フットケア外来で相談しましょう。
あらかじめ、フットケアを行っている近所の病院を調べておくといいですね。
とにかく何か変だと思ったら、自己判断しないで早めに相談することが大事です。


メガネの若い先生.jpg



現在、日本では年間に3000人が糖尿病が原因で足を切断しています。
糖質制限食を提唱する医師・江部康二先生のお父様も、足の指の壊疽のため右下肢を膝上から切断し、その後、心筋梗塞や肺炎を繰り返して3年後にお亡くなりになったそうです。

同じ思いをする患者をひとりでも減らしたい…それが江部先生の情熱の源なのだと思います。
もちろん、糖尿病で死ぬ思いを味わった筆者も、その気持ちは同じです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村